(有)アウターネットワークは静岡県富士市、富士宮市周辺地域の活性化を目指しています。   Outer-Network

記事一覧

ゆたか接骨院 ~稲葉先生直伝~ 明日から使える豆知識!No.24

ファイル 2087-1.jpg

 読者の方々の中で『足がつった』経験がある方は少ないと思います。「つる」という状況は筋肉が急激に縮んで元に戻らない状態の事をいいます。「つる」要因としては、筋肉の疲労、神経のトラブル、血流の低下、ミネラル不足、妊娠、薬の副作用などが挙げられます。足がつった時は縮こまった筋肉を伸ばしてあげることで改善されます。つま先をつかんで、膝をしっかりと伸ばすことで改善されます。つま先まで手が届かないときは、タオルなどを使うのもいいかと思います。立ち上がることが可能であれば、アキレス腱をゆっくり伸ばすようにすると治ります。

 他には漢方薬を飲むことも有効です。即効性のある漢方薬「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」は多くの病院でも処方されています。

 足がつってしまった時は仕方がありませんが、出来れば「足がつる」事が予防できるといいと思います。その為には日頃からストレッチをしたり、適切な水分を補給したり、日々の疲労をため込まない、なるべく冷えないように注意する等、
 様々な事を行い、予防に心がけていくといいと思います。

 繰り返し足がつる場合や他の部分も「つる」場合は脱水などが疑われる場合もあります。このように「あしがつる」にプラスして○○の症状などがある時は、医療機関を受診することをお勧めします。○○としては、「体中がつる」・「体重の増減・多汗」・「片足が冷える・青白い・歩くと痛い」・「腰痛・足の痺れ・歩くと痛い」等が挙げられます。「つる」といった身近な症状でも思いもよらない疾患のサインといった事もあるので、気になる場合は医療機関を受診することをお勧めします。
 
 今回も最後までお読み頂き有り難うございました。どんな些細な事でも構いません、気になることがありましたら、遠慮なくご相談ください。

 

ページ移動