(有)アウターネットワークは静岡県富士市、富士宮市周辺地域の活性化を目指しています。   Outer-Network

記事一覧

Dr.X 2020年2月号【広見医院】副院長 嶋田務

地域医療の最前線に立ち、市民の健康を守るために日夜尽力する『ドクターX』は、市民の頼れる存在!困った時のヒーローです。このコーナーでは、地元で活躍する医師を紹介します。

ファイル 1537-1.jpg

概要

富士市大渕の広見医院。介護老人保健施設も併設し、小児から高齢者まで幅広い世代の方々が安心して通える医療環境が備わっています。昨年この病院の副院長に着任したのが嶋田務医師です。嶋田医師は、長年脳神経外科医として、様々な病院で実績を積みました。

副院長の横顔
 
小学校高学年の頃に担任からポートボールを通じて、走る事、動作、チームプレー、戦略等を考えて点数を競う球技の楽しさを教えてもらいました。以来、球技に興味を持ち、中学校から大学まで、バスケットボールを続けました。またスポーツの他にも、野口英世や北里柴三郎などの伝記を読む事も好きでした。高校生になると、数学や物理、化学などの理数系が得意だった事から、難関である医学部受験を志し、見事、千葉大学医学部に合格したのです。

医師として

命の救急に関わりたい、手術で人を助けたいという思いと脳神経系の論理的な仕組みに興味があり、脳神経外科の道へと進みました。当時、脳神経外科は新しい学問であり、米国でレジデント研修を行った教授や先輩方を見習いながら教養を深め、医師として経験を重ねました。現在は広見医院の副院長として日々、診療にあたります。
そんな嶋田医師の最近の趣味は、奥様との日本酒堪能&温泉めぐりと言います。特に北関東から東北地方がオススメです。と目を細めます。

ボケたらあかん長生きしなはれ

健康の秘訣は『ボケたらあかん長生きしなはれ』この松下幸之助の指針を大事に、自分に合った筋トレを継続する事が重要です。
 
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

【略歴】
昭和54年 千葉大学医学部卒業
昭和54年 浜松医科大学脳神経外科
昭和56年 東京厚生年金病院麻酔科医員
昭和57年 浜松医療センター脳神経外科医員
昭和60年 同副部長
昭和61年 ニュージーランドオタゴ大学ダニーデン病院
脳神経外科シニアレジストラー
昭和63年 聖隷浜松病院脳神経外科副部長
平成8年  同部長
平成14年 同副院長
平成15年 聖隷横浜病院脳神経外科副院長
平成16年 聖隷富士病院脳神経外科副院長
令和1年  医療法人広見会広見医院副院長

-------------------------------------------------------------------------------------------------
広見医院
〒417-0801 静岡県富士市大淵39-1
(昼・夜)TEL:0545-21-5089
(昼・住民案内用)FAX:0545-21-6892

診療科目:内科, 呼吸器科, 小児科
※午後休診…木曜日の午後、土曜日の午後
※一日休診…日曜日、祝日
※診療科・時間は受診前に電話でご確認下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ページ移動