(有)アウターネットワークは静岡県富士市、富士宮市周辺地域の活性化を目指しています。   Outer-Network

記事一覧

Dr.X 2020年5月号【共立蒲原総合病院】西ヶ谷和之 院長

地域医療の最前線に立ち、市民の健康を守るために日夜尽力する『ドクターX』は、市民の頼れる存在!困った時のヒーローです。このコーナーでは、地元で活躍する医師を紹介します。


ファイル 1670-1.jpg


概要
 富士市中之郷にある共立蒲原総合病院は、富士市、静岡市、富士宮市の3市により運営されている公立病院で、急性期から慢性期、そして地域包括ケアと疾病予防まで、一貫した流れをもって地域医療に取り組んでいます。

院長の横顔
 西ヶ谷和之院長は、清水出身で小学生から中学生にかけてサッカーを続けており、外で遊んで過ごす事が多かったそうです。現在は、サッカー観戦が主ですが、園芸の趣味もあると言います。院長の奥様が園芸が好きという事もあり、最近では、芝生を種から育て、整備まで行います。また、胡蝶蘭を育て、翌年に再び花を咲かせる等
毎回、試行錯誤しながら楽しんでいるそうです。
 園芸以外の楽しみは、愛犬『スズ』ちゃんとの毎日の散歩と言います。お決まりの散歩コースを毎朝散歩するのが日課となっています。

医師として

 昔放映されていたドラマ『ベン・ケーシー』のオープニングに憧れを抱き、医師の道を志す決意をしました。医学部卒業後は、ベン・ケーシーと同じ、脳外科医となり、日々診療にあたっています。医師になっていなかったら自分自身が体調不良になった時に悩んでしまっていたかもしれませんが、医師になった事で自分なりの解釈が出来るようになりました。

次の年代の準備

 脳は、使わないと衰えていき認知症にも繋がります。多くの方と交流してコミュニケーションをとりましょう。また、次の年代へ向けて、体力面でも準備をし、転倒を予防しましょう。